中学英語テスト勉強

中学英語のテスト勉強3、1週間前の勉強方法

英語のテスト1週間前はどんな勉強をすれば80点が取れる?

テスト

 

ここまで中学生が英語の授業をスムーズに理解するための

 

3つの基礎・基本を紹介してきました。

 

1、苦手克服のために、教科書の音読をする。

 

2、単元の基本文を理解して使えるようにする。

 

3、単語は英文の中で意味を覚え、書いて練習する。

 

テスト1週間前になったら、いきなりワークを始めるのではなく

 

まずは教科書音読・基本文・単語の確認をしたいです。

 

これらの基礎がない状態でワークや問題集をやっても、

 

×がいっぱい付くだけで、ほとんど意味がありません。

 

英語の成績が悪くて悩んでいる人は、

 

まず上の3つをきちんとやることを優先させてください。

 

基本文や単語を覚えるのにおススメの教材はこちらです。

 

ワークや問題集は3回繰り返そう!

 

ここでいうワークは学校で配られるワークや

 

書店やアマゾンで購入できる市販問題集のことです。

 

たいていは中学校からワークが配られています。

 

テスト前は範囲の対策プリントも渡されます。

 

あれもこれも問題集を買うと逆効果

 

問題集の山

 

英語に限らず、子どもの成績が下がってしまうと

 

問題集を買い漁る親が多いようです。

 

進研ゼミのチャレンジ、月刊ポピーなどの

 

上手な宣伝にのせられる人も少なくありません。

 

しかし、問題集を買うだけで成績が上がるわけではなく、

 

親の焦りや不安をなくすための自己満足になりやすいです。

 

私の経験から言いますと、多くの問題集は子どもを混乱させます。

 

うちも中1で進研ゼミをとってみましたが、娘は

 

たくさんあって最後まで終わらないし、もっとわからなくなった!と嘆いていました。

 

それまで学校の宿題だけでいっぱいいっぱいだったのに、

 

負担を増やして、余計に不安にさせただけでした。

 

持っている問題集を使い倒そう!

 

繰り返し

 

とくに私の娘のように平均以下で悩んでいる子は、

 

問題集を何冊もやりこなすのは難しいです。

 

そこで、安村先生のプリントをやってから、アドバイスにしたがって

 

学校のワークとテスト前のプリントを3回繰り返すようにしました。

 

すると、成績がみるみる上がったのです。

 

2回目・3回目はそれほど大変ではない

 

3回繰り返すというと、めちゃくちゃ大変な印象をもつかもしれません。

 

また、すごく時間もかかるイメージもあると思います。

 

しかし、実際はそれほどの時間も労力もかかりません。

 

なぜなら、2回目は間違えた問題だけやればよいし、

 

一度やったことのある問題なので、多少は覚えているからです。

 

最後の3回目は、2回目でのミスだけのやり直しなので、

 

さらに時間が短縮されて効率よくできます。

 

市販の問題集でも同じように学習

 

もし学校のワークが配られていないなら、

 

市販の問題集を1冊購入して同じように勉強してください。

 

教科書ワーク

 

おススメは文理の「教科書ワーク」です。

 

中学校の教科書にぴったり準拠で、難易度もちょうどよいです。

 

教科書ワークの詳しいレビューはこちら


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 英語が苦手な理由と対策 教科書マスター感想 高校入試マスター感想 塾で上がらないときは?