高校入試英語

中3の高校受験(英語)はどんな勉強をすればいいのか?

高校受験に向けて何を勉強すればいいのか?

dore

 

中学3年生になって、「いざ、高校受験!」となったとき、

 

英語は何を勉強すればいいでしょうか?

 

公立高校であれば、各都道府県で統一の問題が出ます。

 

また、出題される分野(カテゴリー)は決まっています。

 

カテゴリーの紹介と勉強方法を紹介します。

 

1、リスニング(聞くことの検査)

 

リスニング

 

高校入試において、英語を聞くことはとても重要視されています。

 

100点満点で30点の配点を与える都道府県もあります。

 

入試の大きな部分を占めるので、対策が必要です。

 

リスニングの練習は?

 

英語のリスニング対策としては、

 

過去の入試問題のリスニング問題をやってみるのが一番です。

 

都道府県によって出題に傾向があるからです。

 

  • 〇・×で内容を判断させる問題
  •  

  • 絵を見て、合うっているものを選ばせる問題
  •  

  • 適切な英単語を書かせる問題

 

このような出題の種類がありますから、どんな問題が出ているのか

 

過去3年間のリスニング問題を聞いて、確かめてください。

 

過去問が難しいと感じたら?

 

過去のリスニング問題を聞いてみたけれど、

 

「速くて聞き取ることができない。」「習っていない単語が多い」など、

 

初めてでしんどい思いをするかもしれません。そんなときは、

 

もう少し簡単なレベルから始めるようにしてください。

 

英検4級

 

おススメは英検4級や5級のCDです。

 

5級は中1修了、4級は中2修了程度の内容です。

 

自分の学力に合わせてスタートしましょう。

 

何度でも聞いて、耳を慣らすことが大切です。

 

2、対話文・長文の読解

 

長文

 

どの都道府県でも高校入試のメインになってくるのが、

 

対話文や長文の読解問題です。

 

対話文が多い、あるいは長文が多いなどの違いはありますが、

 

どの県も配点が半分の50点くらいあります。

 

ですから、対話文と長文の読み取りで合否が決まるといってよいでしょう。

 

対話文や長文を得意になるには?

 

対話文や長文は英文がズラリと並んでいて、

 

見ただけで「わからない!」とやる気をなくす子も多いでしょう。

 

しかし、長文も1つの英文が集合したものでしかありません。

 

一つ一つの英文を正確に訳すことができれば、

 

だれでも長文読解が可能になります。

 

1つずつ

 

1つ1つの英文をちゃんと訳すには?

 

そこで、一つ一つの英文を正確に訳すために、

 

中学3年間の基本文をおさらいしておきましょう。

 

対話文や長文の中の英文は、基本文の単語を変えたものだからです。

 

基本文の一覧は、英語教科書の巻末にのっています。

 

中3教科書

 

これらをすべて日本語にできるかどうかを確かめましょう。

 

間違えた英文は、習った単元に戻って訳し方を確かめてください。

 

できれば、すべて英作文もできるようにしておきたいです。

 

会話表現

 

こちらは会話表現の一覧です。

 

対話文で適切な英文を選ぶ問題や、

 

適切な英文を書かせる問題で有効です。

 

すべて暗記して、和訳ができて書けるようにしたいです。

 

対話文・長文をはやく読むコツは?

 

高校入試の英語は多くの英文を素早く読んで考えねばなりません。

 

しかも、50分のうち15分くらいはリスニングに時間を取られるので、

 

多くの受験生が時間が足りなくなってしまいます。

 

ですから、英文を読むスピードアップが求められます。

 

英文読解のスピードアップには、スラッシュリーディングが有効です。

 

スラッシュリーディングとは、

 

英文をスラッシュ「/」で切りながら読んでいく方法です。

 

I hope that / it will be sunny / in Tokyo / tomorrow.

 

スラッシュレーディングをマスターできれば、

 

英文を読むスピードが上がり、問題を長く考える余裕がでてきます。

 

私の娘も長文読解で苦労しましたが、

 

安村先生の教材でスラッシュリーディングを学び、

 

結果、志望の高校に合格することができました。

 

基本英文の総復習と長文読解の練習ができるのでおススメです。

 

高校入試英語マスター

 

3、英作文の勉強方法は?

 

最後に英作文の勉強法を紹介します。

 

英作文はいろいろな形で出題されます。

 

  • 単語を並べ替えて文をつくる問題
  • 絵を見て英文を作る問題
  • 場面に合う英文を考えて書く問題
  • テーマに沿って自由に英文を書く問題

 

どれにも共通する勉強方法としては、

 

長文対策と同じく、中学3年間の基本文を覚えるということです。

 

3年間分の基本文が暗記できていれば、

 

単語を変えて英文を組み立てれば英作できます。

 

これから受験勉強を始める人は、

 

まずは基本英文の暗記をすることをおススメします。

 

入試英単語の覚え方は?


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 英語が苦手な理由と対策 教科書マスター感想 高校入試マスター感想 塾で上がらないときは?