塾で上がらない

塾に通っても英語の点数が上がらない原因と対策は?

成績が上がるために必要なことをしているか?

集団塾

 

塾に通っているのに成績が上がらず困っていませんか?

 

我が家も英語塾や通信教材を少し経験したのですが、

 

ほとんど効果がなくてやめてしまいました。

 

塾で上がらなかった原因と対策を紹介します。

 

1、楽しいだけではダメ。

 

中学生向けの塾もいろいろあるようです。

 

うちの子は平均点も取れなかったので、

 

大手進学塾の厳しいところは避けて、友達の通っているところにしました。

 

授業は楽しくて、先生の授業が気に入ったようでした。

 

でも、成績は良くなりませんでした。

 

授業が楽しいだけで、英語ができるようになっていなかったからです。

 

娘は授業を聞いて「ふ〜ん、そうなんだ」で満足していたのです。

 

「今日の塾、楽しかった〜!」という言葉に、私自身も満足していました。

 

でも、それではダメだったと反省しています。

 

毎回、小テストや確認テストがあって、

 

できるようになったかチェックしてくれる塾が必要でした。

 

2、英語の音読をしない。

 

 

うちの娘は教科書の英語もスラスラ読めなくなっていましたが、

 

塾では教科書を読むことはなかったそうです。

 

教科書でなくとも、英語を声に出して読む時間はなかったそうです。

 

英語は言葉なので、やはり音読がとても大切です。

 

読めないと覚えられないからです。

 

とくに当時の娘に必要だった音読が、塾にはありませんでした。

 

3、教科書に合わせていない。

 

また、選んだ塾が一斉指導の塾でした。

 

黒板を使って先生が説明するタイプの授業です。

 

そのためか教科書にあった授業ではなく、

 

学校の授業とのつながりはありませんでした。

 

学校の授業がわかるようになりたいのに、

 

塾では学校とは違う内容を教えていました。

 

テスト前でも対策授業があるわけではなく、

 

決められたカリキュラムの授業のようでした。

 

これでは定期テストの点数がよくなるはずはありません。

 

進研ゼミも自分ではできなかった。

 

チャレンジも短期間だけやってみましたが、

 

進研ゼミは娘にはレベルが高かったようです。

 

素人から見ても教材自体はよくできたものだと思いますので、

 

子どもの学力がもう少し高ければ、やりこなせたかもしれません。

 

子どもの現状の学力を見て、必要なことを見極めべきだった

 

以上のような理由で、うちの子には塾は効果がありませんでした。

 

必要な要素は3つありましたが、気づくのが遅かったです。

 

  • 学力レベルにあった塾を選ぶ
  •  

  • まず教科書内容の理解を優先
  •  

  • 小テストなどで到達度確認してくれる塾

 

最初から子どもに最適な塾がわかっていれば、

 

塾選びも苦労せず、成績も上がったかもしれません。

 

自分の子どもに必要なのは何か?を最初に考えるべきでしたが、

 

良い塾はないか?ばかりを考えてしまっていました。

 

塾での失敗をカバーしてくれた教材

 

塾も通信教材もうまくいかなかったですが、中2だった娘は

 

安村先生のプリントで勉強するようになって成績が上がりました。

 

英語の勉強のやり方もわかったようです。

 

塾で成績が上がらずに悩んでいる方は、

 

教材の内容と効果をまとめたので、よろしければご覧ください。

 

英語が苦手なお子さんにおすすめです。

 

1年生・2年生の中間テスト、期末テストは「教科書マスター」

 

成績アップ体験

 

高校受験用は「高校入試英語マスタープログラム」

 

高校合格体験

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 英語が苦手な理由と対策 教科書マスター感想 高校入試マスター感想 塾で上がらないときは?